新潟県長岡市内の河川敷で行われる大花火大会です。

開催日は、毎年、何があっても8月2日・3日、全国三大花火大会の一つであり、2015年、Yahoo!の調査による「有名花火師が選ぶ花火大会厳選10選」で首位を獲得しました。

開催日について

新潟の友人から聞いたお話によると、長岡の人はブレないんだそうです。花火大会は雨天決行、何があっても8月2日、と決まっているとか。花火大会を週末にした方が観客動員数が・・・とか、一切考えないんですって。前夜祭は1日に始まるようです。

それを示すエピソードです。かつての100歳上アイドル、きんさん・ぎんさんをこの長岡花火大会に招待したことがあったんですね。しかし、当日は残念ながら、土砂降りの激しい雨。ふつうなら花火は注視ぐらいの悪天候で100歳以上の二人ですから、鑑賞はとりやめ、となりそうなところ、きんさん・ぎんさんにカッパを着せて花火鑑賞をさせたんですね。それが「新潟、なんて酷いことをするんだ」とマスコミに散々あげつらわれたそうですが、それくらい長岡の人はブレない、ということです。

長岡まつり

 

1945年8月1日の長岡空襲からの復興を願って始った祭の最中に開催されますが、花火大会の始まりはこれとは別で、それよりももっと古い時代、明治の始めに端を発します。

1879年9月14日と15日の2日間、地元の祭りに長原などの遊廓関係者がお金を出し合って花火350発を打ち上げられたのが始まりでした。その後、1906年から本格的な花火大会となり、1951年から現在の「長岡まつり」のイベントとしてとして開催されるようになったのです。

慰霊の花火

日本三大花火と称されますが、長岡の花火は大曲・土浦と比べ「花火を競う」のではなく、先述の様に長岡空襲や中越地震など自然災害といった慰霊・復興を表す為の花火大会です。長岡慰霊、復興に尽力した先人への感謝、恒久平和への願いが込められています。

8月1日(22時30分)の前夜祭に慰霊の花火が上げられます。これは、1945年8月1日にアメリカ軍によって行われた長岡空襲の被害者慰霊の為に打ち上げられるもので、「白菊」と言う花火を、空襲の始まった時間、8月1日22時30分に打ち上げます。

8月2・3日の夕方、信濃川河川敷で打ち上げられる花火には、ベスビアス火山に由来するベスビアス大スターマイン、ナイヤガラ、超大型ビッグバンスターマイン、尺玉早打ち100連発など、初稿を凝らした花火が見られます。

メッセージ花火

メッセージ花火は、個人が資金を出し、家族や恋人、恩師などへのメッセージを添えて花火を打ち上げるものです。楽しいですね。おこずかいをためて、最愛の人へのメッセージをあげてもらいましょう!

ワイドスクリーン方式による全長400メートル以上の大型花火は、日本屈指のミュージックスターマインを堪能出来るとして大好評のプログラムだそうです。

長岡花火大会チケット情報:http://nagaokamatsuri.com/kanran.html



WILLER TRAVEL

© 2018 花火大会2018 rss