車の中に泊まって快適&節約旅行!
 

花火見に行くのは、家族で? 仲間とグループで? 彼と?彼女と?

状況にもよりますが、あると便利、なければ困る、そんなグッズを集めてみました。

家族やグループで

・レジャーシート:お花見と同じで、これは必須。だいたいの花火が1時間以上と長丁場になるので、座って楽しみたいですよね。場所とりにも使えし。ただ、人気があって込みすぎる花火大会は使用不可と聞きます。

・ビニール袋:小さく畳んでいくつか持って行くと役に立ちます。ゴミ袋として使えますし、突然の雨の時に頭にかぶってもいいし。

・タオル:花火大会は夜でも熱帯夜のときは汗もだくだく。タオルが一枚あれば、濡らして首に巻くなど熱中症対策として、汗拭き以外にも使えます。 ・レジャーシート:お花見と同じで、これは必須。だいたいの花火が1時間以上と長丁場になるので、座って楽しみたいですよね。場所とりにも使えし。ただ、人気があって込みすぎる花火大会は使用不可と聞きます。

・ビニール袋:小さく畳んでいくつか持って行くと役に立ちます。ゴミ袋として使えますし、突然の雨の時に頭にかぶってもいいし。

・タオル:花火大会は夜でも熱帯夜のときは汗もだくだく。タオルが一枚あれば、濡らして首に巻くなど熱中症対策として、汗拭き以外にも使えます。 

・防寒着:夜、外に長時間いると、意外と寒くなってしまうかも。薄くてもなにかはおれるものを用意しましょう。 

・レインコート:夕立や突然の雷雨が来たときのために。100均で買えるビニール製のもので十分。少し冷え込んだときには、防寒着代わりにも。 

・折りたたみ椅子:これはちょっとかさ張るけど、あると重宝。人出のすくない場所からの花火観賞の時に。

・ウェットティッシュ:飲食時には必須。レジャーシートの軽い汚れ落としにも使えるし。 

・帽子:花火は夜でも、日中、場所とりする人には必需品。

・懐中電灯:会場は明るくても、花火が始ると手元や足元は思った以上に暗いので何か物を落とした時の探し物の際にも便利。 

・モバイルバッテリー:コンセントの無い野外で、携帯の充電がなくなってしまってはアウトなので、念のため。

・車中泊用マット:遠出して車に泊まるとき。これがあると車がホテル化します!

 

デート対策グッズ

デートで花火大会に行く人がぜひともおさえておきたいグッズたち!

・扇子かウチワ:熱帯夜で人混みの中にいるので、涼風が欲しくなります。

・PASMO、Suicaなどの公共交通機関のICカード:終わったあと、多くの人が最寄り駅に詰め寄せるので、券売機で行列ではシラケてしまいます。帰りの切符を事前に買っておくとか、スマートに帰りましょう。

・絆創膏:下駄・草履履きとか、浴衣姿では鼻緒のところに靴ずれがおきたりします。そんなときにそっと絆創膏を手渡すとグー。 

・虫よけスプレー:川縁で行われる花火大会では蚊に注意。特にお酒を飲んでいる場合、狙われます。自分にも相手にもさっとスプレーし。 

 

・防寒着:夜、外に長時間いると、意外と寒くなってしまうかも。薄くてもなにかはおれるものを用意しましょう。

・レインコート:夕立や突然の雷雨が来たときのために。100均で買えるビニール製のもので十分。少し冷え込んだときには、防寒着代わりにも。

・折りたたみ椅子:これはちょっとかさ張るけど、あると重宝。人出のすくない場所からの花火観賞の時に。

・ウェットティッシュ:飲食時には必須。レジャーシートの軽い汚れ落としにも使えるし。

・帽子:花火は夜でも、日中、場所とりする人には必需品。

・懐中電灯:会場は明るくても、花火が始ると手元や足元は思った以上に暗いので何か物を落とした時の探し物の際にも便利。

・モバイルバッテリー:コンセントの無い野外で、携帯の充電がなくなってしまってはアウトなので、念のため。

・車中泊用マット:遠出して車に泊まるとき。これがあると車がホテル化します!

 

デート対策グッズ

デートで花火大会に行く人がぜひともおさえておきたいグッズたち!

・扇子かウチワ:熱帯夜で人混みの中にいるので、涼風が欲しくなります。

・PASMO、Suicaなどの公共交通機関のICカード:終わったあと、多くの人が最寄り駅に詰め寄せるので、券売機で行列ではシラケてしまいます。帰りの切符を事前に買っておくとか、スマートに帰りましょう。

・絆創膏:下駄・草履履きとか、浴衣姿では鼻緒のところに靴ずれがおきたりします。そんなときにそっと絆創膏を手渡すとグー。

・虫よけスプレー:川縁で行われる花火大会では蚊に注意。特にお酒を飲んでいる場合、狙われます。自分にも相手にもさっとスプレーしてあげましょう。

 



WILLER TRAVEL

© 2018 花火大会2018 rss